ホーム > クラヴィスメディア > スタートアップ/ベンチャー企業に最適なオフィスはどんなオフィス?レンタルオフィスやシェアオフィスなど比較まとめ

スタートアップ/ベンチャー企業に最適なオフィスはどんなオフィス?レンタルオフィスやシェアオフィスなど比較まとめ

公開日:
最終更新日:
速さと省コストが求められるスタートアップ企業は、どのようなオフィスを利用するべきなのでしょうか。もちろん、そもそもオフィスなんて用意せず、自宅作業などでできる限りお金を使わないようにするのも良いでしょう。
ただ、一人で作業する場合はともかく、複数人でプロジェクトを動かす時には、同じ環境で作業した方がコミュニケーションにかかるコストも少ないケースが多いでしょう。また、クライアントとの打ち合わせの時に、自宅では不都合なことも多いです。
オフィスを持ちたいスタートアップ/ベンチャー企業の場合は、どのようなオフィスが適しているのか、借りやすさや利便性から、それぞれ企業特性やニーズにあったオフィスを検討します。
まずはオフィスの種類を知り、その後メリット・デメリットを整理しましょう。

オフィスの種類と、それぞれのメリット/デメリット

オフィスの種類は、賃料や収容人数によって、大まかに4つのグループに分ける事ができます。

  • シェアオフィス・コワーキングスペース
  • サービスオフィス
  • 一般賃貸オフィス
  • 有名賃貸オフィスビル

まずは、上記の4つのグループ分けされたオフィスについて簡単に紹介します。

 

シェアオフィス・コワーキングスペース

シェアオフィス・コワーキングスペースは、賃料がもっとも安いオフィスです。おそらくその安さこそが最大のメリットになります。ただし、「シェア」「コワーク」の名の通り、たいていは個室になっておらず、あくまでも一つのスペースを他人と共有して利用することになります。多くは個人向けのスペースで、個室でない分、利用者の賃料の負担率を減らすことができますが、収容人数も限られているので多くの社員を抱えて利用することは適していません。

また、オフィスにある設備、例えばコピー機、複合機などをシェアして利用できるので、初期投資を抑えて起業することが可能です。一方でシェアする機器は順番待ちになったり、自分ではない誰かが壊してしまった時もその対応は管理人の対応待ちになります。

一般的にはシェアオフィスは自分の席が決まっており、コワーキングはフリーアドレス(空いているテーブルや椅子に自由に座る形式)となります。

シェアオフィスの場合は、簡易的なパーテーションや壁で区切られています、ある程度のプライバシーは保たれることが多いです。ですが、ほとんどの場合は消防法などの関係から、壁の上部は空いていて完全個室ではありません。これは他人の動作音などが気になる人にとっては煩わしさを感じるかもしれません。

コワーキングスペースは仕切りもないので、カフェや図書館で仕事をしているような感覚です。静かに黙々と仕事をするよりは他社とコミュニケーションを取ったり、コミュニティを作ったりしながら仕事をしたい起業家に向いています。コワーキングスペースでは、積極的に利用者の交流を促している場所もあります。従業員はいないけれど自宅で作業は落ち着かない、メリハリがないという方、学生時代に自宅で勉強できないため、図書館で勉強をしていた方が向いているでしょう。

まとめ

メリット:賃料が安い、場所によっては他人と交流できる

デメリット:専有部分が狭く、環境音も聞こえやすく、周りが気になりやすい。

 

サービスオフィス(レンタルオフィス)

レンタルオフィスは、一般賃貸オフィスよりも、安めにオフィスが借りられます。しかも個室です。ただし、もともと大部屋だったものを個室に後から改装したものが多く、一般賃貸オフィスよりもコストを抑えられる代わりに、部屋はかなり狭くなります。また、ほとんどのレンタルオフィスで、一般賃貸オフィスと同様に、オフィス用品などは用意されていません。自分にあわせて机や椅子などを別途用意する必要があります。

サービスオフィスは、個室でオフィス家具やOA機器などの設備が整っているオフィスです。一般的には、サービスオフィスはレンタルオフィスの上位版と位置される事が多く、質の高いオフィス空間やサービスが用意されています。そのため、入居したとの時からビジネスを始める準備ができています。設備が整っているだけでなく、サービスも充実している事が多いです。例えば、レセプションに受付スタッフが常駐し、事務作業なども依頼することができます。セキュリティも確保されているため、士業など1人で起業する場合でも不安はありません。あるいは、電話をオフィス専属の秘書が代わりに受けてくれたり、打ち合わせ専用のラウンジが用意されていたりします。また、立地とビルグレードにもあります。サービスオフィスは起業したばかりでは普通、オフィスを構えるのが難しい一等地で開設している物件が多いです。駅から5分以内の物件が基本なので、通勤も快適です。しっかりと個室になっている為、シェアオフィスのような煩わしさもありません。快適な作業空間を提供するため、デザイン性に優れていたり、有名ビルに入居している場合もあります。こうした充実した設備/サービスのため、レンタルオフィスに比べて賃料が高くなります。

レンタルオフィスもサービスオフィスも、一般賃貸と違って、敷金や礼金が無い、あるいは少ない場合が多いです。また、一般賃貸オフィスを借りる時よりも審査フェーズが短く、手続きが容易にできる事が多いです。

レンタルオフィス

メリット:個室を比較的安く利用する事ができる

デメリット:シェアオフィスやコワーキングスペースよりコストがかかる

サービスオフィス

メリット:すぐにビジネスを始められる設備、質の高いサービス。一般賃貸より派手頃な価格で有名ビルに入居も可能。

デメリット:シェアオフィス・一般賃貸オフィス(雑居ビル)と比較すると賃料が高い

 

一般賃貸オフィス

立地や竣工年数によってはサービスオフィスよりは低価格で入居でき、より多くの社員を収容することができるのが一般賃貸オフィスです。

シェアオフィスやサービスオフィスとは異なり、スケルトン状態での入居となるので、オフィス家具やOA機器の準備はもちろん、内装工事も必要となります。初期費用はかかりますが、比較的自由にオフィスづくりをする事が出来るとも言えます。自社のイメージに合わせて内装を考えることで、ブランディングにも繋がるでしょう。

賃料は、立地や竣工年数によっても大幅に変わります。また、自社でオフィス家具やOA機器を一から用意する必要があります。保証金も6ヶ月分~12ヶ月分請求されることが一般的なので、スタートアップ企業にとって、初期費用は大きな負担となるでしょう。

メリット:広めの専有部分を確保でき、改修工事も可能。比較的安く借りられる。

デメリット:初期投資費用の負担が大きい。

 

有名賃貸オフィス

有名ビル賃貸オフィスを選ぶメリットは、オフィスの環境の良さやビルのブランド、立地にあります。しかし、起業時からこのようなオフィスに入居できるのは外資系企業の日本法人や投資家からの指示を集めている企業だけです。なぜなら、賃料がとても高く、保証金の負担だけでも莫大な金額となります。限られた企業だけが、起業時から有名ビルの賃貸オフィスを借りることができます。

メリット:抜群のオフィス環境やビルのブランド力

デメリット:保証金や賃料など、費用面の負担がとても大きい

 

スタートアップのオフィスの選び方まとめ

あなたの運営スタイルや、資金状況に合わせたオフィスが選べると良いですが、目安をつけるならば、以下のようになるでしょう。

ノートパソコンを持ち込めればそれでいい→シェアオフィス、コワーキングスペース

デスクトップパソコンの持ち込みが必要→賃貸 or サービスオフィス or レンタルオフィス

個室は欲しいけど、内装はあまりこだわらない→レンタルオフィス

ブランド力が必要だ、快適な仕事をしたい→サービスオフィス

最近の経営のトレンドでは、「持たない経営」という、初期投資や撤退コストが発生しないようにする経営スタイルが注目されています。これを考慮する場合は、一般の賃貸オフィスを借りずに、コワーキングスペースを利用したり、サービスオフィスや一部の充実したレンタルオフィスなどのオフィス家具を利用することになります。一般の賃貸オフィスでは、契約から使えるようになるまで、内装設備を用意したり初期投資の負担も大きくなります。

一方で、毎月の維持費も重要です。継続コストを減らすのは経営の鉄則です。サービスオフィスは初期投資こそ少ないものの、サービスを十分に利用できないユーザーや、ブランド力をプラスに使う事ができないユーザーにとっては、コストが高いだけになってしまいます。

事業までの日数はどの程度あるでしょうか。すぐに事業を始めたい場合は、全ての準備が揃っているサービスオフィスが良いでしょう。高級感などが全く必要ではない場合は、いっそドロップイン(事前契約なしの1日利用)のできるレンタルオフィスなども良いでしょう。一方で運用開始までに時間のかかる一般賃貸オフィスは向いていません。

人数の変動はあるでしょうか。人数が変動する場合は、一般賃貸オフィスは向いていません。サービスオフィスやレンタルオフィスは空きがあれば移動が容易のため、向いています。

資金状況はどの程度あるでしょうか。そもそも資金がほとんどない場合は、コワーキングスペースか、背伸びをしてもレンタルオフィスになるでしょう。

自分の企業状況を見極めて、メリットとデメリットを比較しながらオフィスを選美ましょう。快適なオフィスは、起業を成功させる一歩になるはずです。

 

お問い合わせはこちら

 

妥協でない、
「サービスオフィス」だからこそ
選ぶべき価値がここにあります。
お問い合わせ CONTACT