ホーム > クラヴィスメディア > たった一日でオフィスを持ち、ビジネスを始める方法

たった一日でオフィスを持ち、ビジネスを始める方法

公開日:
最終更新日:

「今までは自宅で仕事をしていたけど、すぐにオフィスを開設したい」「事業拡大に伴い、すぐに新しいオフィスが必要になった」このように、すぐにでもオフィスを開設して仕事に取り掛かりたいという状況になった方もいるのではないでしょうか?オフィスの開設や移転は、時間も手間もかかると思われている方も多いでしょう。そんな方に、たった一日でオフィスを稼働させて仕事を始める方法を紹介します。今すぐオフィスを稼働させたい方が見逃せない記事です。

 

サービスオフィスならすぐにオフィスを稼働させられる

たった一日でオフィスを開設するには、どうすればいいでしょうか?答えは簡単、サービスオフィスを利用すればいいのです。サービスオフィスは、入居したときからオフィスとしての機能が備わっており、すぐに稼働できる状態になっています。ネット回線の完備はもちろんですが、電話番号も即時に発行されます。また、オフィスの入口やエレベーター、エントランスにもセキュリティが設けられており、セキュリティカードがなければ入室することができません。そのため、仕事で使う重要な書類を持ってきても、セキュリティを確保して安全に保管する事が可能です。オフィスを稼働させたいばかりでバタバタしているときに来訪者がきたら、サービスオフィスのレセプションにいる受付スタッフに対応してもらうことができます。このようにオフィスをすぐに稼働させるためのセットアップを済ませているため、当日に利用することができるのです。

一般賃貸オフィスの場合、契約の手続きや入居の準備などで1ヶ月程度掛かることも珍しくはありません。また、オフィス開設後もネット回線の契約や電話の開通などをしなければならず、オフィスが本格的に稼働するまで時間がかかります。すぐにオフィスで仕事を始めたいのであれば、サービスオフィスを選ぶべきでしょう。

 

サービスオフィスが提供するプラン

ここからは一般的なサービスオフィスが提供しているプランについて紹介します。サービスオフィスは、いくつかのプランから自分のワークスタイルに合うものを選び、契約して利用します。価格を抑えたりスポットで利用したりすることもできるので、どのようなプランがあるのか把握すると、より快適にサービスオフィスを利用できます。

 

1.サービスオフィス

サービスオフィスは、先述したように契約時にオフィスで働く上で必要な物が全て揃ったワークスペースを利用できるプランです。完全個室なのでプライバシーやセキュリティーに関して心配する必要がありません。契約後に順調に事業が軌道に乗り、オフィススペースを増やしたい場合は、契約区画を増やす事で同じビル内での移動だけでオフィススペースを拡張することが可能です。

また、オフィス家具や複合機などの設備、空調、電話、受付スタッフなどのオフィスに必要なすべてのサービスを利用する事ができます。打合せや会議に必要な貸会議室は共有スペースにあり、予約をすれば利用が可能です。これだけのオフィス環境が揃っているため、すぐにオフィスを持ちたい人であれば利用したいサービスと言えるでしょう。

 

2.バーチャルオフィス

サービスオフィスでは、多くの物件でバーチャルオフィスも提供しています。バーチャルオフィスとは、言葉通り仮想のオフィスであり、法人登記や郵便物の受取、事務所用の電話番号などの利用が可能です。しかし、あくまで仮想のオフィスであることから、オフィススペースはありません。いわゆる住所貸しであり、形式的にオフィスがあるように見せたい方には最適なサービスです。また、都内の一等地などにオフィスの住所を設けたいという方にもメリットがあります。バーチャルオフィスは、登録作業で済むこともあり、即日利用可能なタイプが多いです。形式的にオフィスを用意したいという方は、バーチャルオフィスの利用がオススメです。

 

3.コワーキングスペース

コワーキングスペースは、共有のワークスペースで仕事をすることができるサービスです。コワーキングスペースも、サービスオフィスを提供している物件で契約プランとして用意されていることが多いです。コワーキングスペースは、淡々と仕事をするのではなく、他の利用者との交流などもあり、コミュニティとしての魅力を持つワークスペースになっています。最近では、WeWorkが日本に進出してきたことが大きな話題になりました。これまでのコワーキングスペースは、フリーランスや代表者のみの企業が利用するケースが多かったです。しかし、今後はスタートアップ企業やベンチャー企業、サテライトオフィスとして法人が利用するケースが増加していくでしょう。

 

4.メンバーシップ

メンバーシップとは、サービスオフィスのコミュニティの一員になり、さまざまなサービスを利用できるプランです。サービスオフィスやコワーキングスペースの1日利用などをメンバーシップ限定価格で利用できたり、オフィススペース内のWi-Fiに無料でアクセスできたりします。コミュニティの一員になるからこそアクセスできる情報や特典があるので、オフィス契約までは必要ないが一時的にオフィスを使用したい人向けの契約プランです。サービスオフィスを提供している施設には、メンバーシップのようなプランが用意されていることが多いです。

 

ここまで4つの契約プランを紹介してきましたが、オフィスとしての基本的な機能を備えているのは、サービスオフィスです。1日でオフィスを立ち上げたいのであれば、サービスオフィスのプランを契約しましょう。

 

当日からオフィスを利用できるサービスオフィス

 

リージャス

世界で最も有名なサービスオフィスがリージャスです。リージャスは世界120か国900都市にサービスを展開している大手サービスオフィスです。提供しているサービスのクオリティーの高さに定評があります。リージャスにもさまざまな契約プランがあり、自分のワークスタイルに合っている契約を選ぶことができます。また1日、1週間、1ヶ月単位でけいやくすることができ、すぐにオフィスで仕事を始められます。サービスオフィスを探しているなら、リージャスは見逃せません。

 

サーブコープ

サーブコープもリージャス同様、世界的に発展しているサービスオフィスです。1978年にオーストラリアで創業しており、サービスオフィスのパイオニアのような存在です。日本国内には24拠点があり、東京などの主要都市にある有名オフィスビルの中にサービスオフィスがあります。リージャスと並び、サービスオフィスへの入居を考えているときは検討してみましょう。

 

まとめ

サービスオフィスを利用すれば、すぐにオフィスで仕事を始めることができます。1日でオフィスを開設して仕事に取り掛かりたいときは、サービスオフィスを利用してみてください。

 

▽リージャス物件

有楽町イトシア

青山プラースカナダ

SPACES大手町ビル

 

▽サーブコープ物件

新宿野村ビル

城山トラストタワー

日本橋ワカ末ビル

 

このほかにも、ご紹介できる物件はございますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

この記事を書いた人
佐藤
佐藤
オフィス仲介コンサルタント

大学卒業後、不動産デベロッパー会社にて投資用マンションの個人営業に従事。2017年クラヴィス・リアル・エステート㈱に転職。オフィス仲介として日々スタートアップ企業・地方企業、独立開業した方々へレンタルオフィス・サービスオフィスをご提案。/宅地建物取引士

妥協でない、
「サービスオフィス」だからこそ
選ぶべき価値がここにあります。
お問い合わせ CONTACT