ホーム > クラヴィスメディア > 初めてのオフィスお引越し 新しいオフィスに求めるあなたの希望はなに?

初めてのオフィスお引越し 新しいオフィスに求めるあなたの希望はなに?

公開日:
最終更新日:

これから起業する方、自宅からオフィスへ移転される方、人数が増え新しいオフィスへの移転を考えている方、どんなオフィスをお探しでしょうか?駅近物件、オフィス街の中心、綺麗なビル、内装も凝って、顧客にも自慢できる、そんなオフィスをご希望ではありませんか?「でもそんなオフィスは高いでしょ」、そう思われるかもしれませんが、起業したての会社も入居するそんなハイグレードなオフィスがあるんです。でもまず、これから起業する、初めてオフィスに入居したい、そういった方たち向けにどういうタイミングでオフィスを探したら良いのか、そこから説明していきましょう。

起業には2通りの方法がある

起業には、個人事業主として活動する方法と法人を設立して活動するという2つの方法があります。個人事業主として起業するためには、納税地を所轄する税務署に「個人事業主の開業・廃業等届出書」を提出すれば、開業手続きは完了になります。このように個人事業主を選ぶ最大のメリットとして、手続きが非常に簡単なことが挙げられます。しかし、個人事業主は法人と比べ、一般的に社会的信用という面で劣るというデメリットがあります。

反対に法人での設立で得られるメリットは、社会的信用が得られるという点が最大のポイントです。社会的信用に起因する銀行からの借り入れ審査も一般的に個人事業主と比べてスムーズに進むと言われています。ただし、法人設立の手続きは個人事業主と比べて煩雑さは増します。

個人事業主でも信用されるオフィスと住所が必要

従業員もいない個人事業主であれば、コスト節約として最初は自宅や賃貸マンションの1部屋のほか、実際にその住所にオフィスを設けるのではなく、登記するときに必要な住所だけを借りるバーチャルオフィスから事業をスタートさせる方も多いと思います。なお、バーチャルオフィスによっては、会議室が設置されているところもあり、必要な時だけ会議室を時間単位で利用することができるものもあります。最初はこのような場所から事業をスタートさせ、ある売上が出てきた、事業を拡大するといったタイミングが、きちんとしたオフィスを探すひとつの目安ではないでしょうか。

起業にあたって最初、社会的信用をそれほど重視しないのであれば、個人事業でスタートし、事業が軌道に乗ってきたところで、法人として会社組織を立ち上げることもできます。個人事業から会社組織に変更することを「法人成り」といいます。

また、自宅や賃貸マンションの1部屋では銀行口座開設が難しくなったり、取引先から信用されなかったり、そういったデメリットが生じることもあります。この法人成りを契機に社会的信用を得るためにも、しっかりとしたオフィスに入居するというのもひとつのタイミングかと思います。

企業の信用度が上がる事間違いなしの、シンプルで洗練されたデザインのオフィスのエントランス
きちんとしたオフィスと住所を持っていれば、企業の信用度も上がります

一般的な賃貸ビルは膨大な初期費用がかかる

法人での設立の場合は、初めからオフィスに入居するという会社が多いようです。賃貸オフィスに入居するというのは、一般的に多く見られるオフィスの構え方のひとつです。賃貸住宅と同様に賃料は立地やグレード、広さによって費用はまちまちで、貸主と賃貸契約を交わして入居します。

賃貸オフィスは住居用とは異なり、入居者自身で内装工事を行う必要があります。また、電話やインターネット環境、デスク、椅子などのオフィス家具といった事業を遂行するのに必要なものはすべて自前で揃える必要もあります。退去時には、原状回復(入居時と同じ状態、内装工事をする前の状態に戻すこと)を行わなければなりません。ちなみに内装工事は一般的に坪単価10~30万円程度、原状回復は坪単価3~5万円程度と言われています。また、契約内容によってさまざまではありますが、入居時には賃借人の債務を担保するために預託されるお金である預託金(敷金・保証金)として、6ヵ月~12ヵ月分の家賃を用意する必要もあります。

賃貸オフィスに入居するには、内装工事もありますので、入居できるまでになるにはそれなりの日数もかかりますし、工事費用、預託金など、準備しなければならない予算は決して安いものではありません。

起業したばかりでもメリット十分なサービスオフィス

駅近物件、オフィス街の中心、綺麗なビル、内装も凝って、顧客にも自慢できる、そういうハイグレードなオフィスはどこにあるのか。でも意外と簡単にそういうオフィスに入居することはできるんです。それはサービスオフィスというオフィス形態になります。

サービスオフィスなら1人用から15人以上の大きめな部屋まで、個室を専有することができます。また、インターネット設備やオフィス家具、OA機器などが揃っており、起業の初期費用としては比較的安くスタートすることができます。

外出や来客が多い事業であれば、電話やメール、来客対応は標準機能となっている受付・秘書サービスが代行もしてくれます。駅近の好立地でビルグレード、内装は申し分なく、会議室は大小備えているため、重要な顧客でも自信を持ってお迎えできるはずです。従業員が増えた際には簡単に大きな個室へ移ることもできます。将来的に考えてもサービスオフィスを利用するメリットはあなたにとって大きいはずです。

オススメのサービスオフィス3選

クリエイターのための高級サービスオフィス「SENQ青山」

センク青山の高級家具カッシーナが置かれている洗練されたデザインのラウンジ
SENQ青山

2017年3月にオープンしたばかりのSENQ青山は、多彩はクリエイターのためにつくられたサービスオフィスです。「青山一丁目」駅から徒歩1分、アドレスは「港区南青山」なのでそこから得られる信用度も格が違います。まわりは緑豊かでリフレッシュもでき、常に新しく斬新なアイディアを生むのには絶好の環境です。また受付はバイリンガルなので、外国のお客様のご対応も可能です。

オフィスのラウンジやワークプレイスに置いてある家具は、イタリアモダン家具ではトップクラスの「カッシーナ」で揃えられ、贅沢で心地よい空間です。

ビルの下の階にはカフェもあり、ビル周辺にもお洒落で美味しいお店が沢山あるのでランチの時間も楽しめます。暖かい時期には、外のオープンエアオフィスで風に当たりながら仕事、というのも良いかもしれません。クリエイディヴなお仕事をされている方には是非お勧めしたいサービスオフィスです。

賃料:143,000円〜

2017年11月竣工、アクセス抜群1棟ものサービスオフィス「BIZ SMART代々木」

ビズスマート代々木のソファが沢山置かれた広いスペースが自慢のお洒落なラウンジ
ビズスマート代々木

2017年11月にオープンした山手線「代々木」駅から徒歩3分のアクセス抜群な新築オフィスビルにあるBIZ SMART代々木。オフィスタイプは全30タイプあり、1名~3名様利用のコンパクトオフィスが中心に揃っているのでスタートアップ企業の方にはお勧めしたいオフィスです。

共有施設として、他の物件にはないお洒落な「キッチンスタジオ」が用意されています。調理器具・カトラリー・皿など、備品は完備されており自由に利用することができます。食材持ち込みやケータリングなどを利用しながら、ランチミーティングやお料理教室、撮影などさまざまな用途で使用できます。また、「シャワーブース」が用意されているところも注目ポイントです。

賃料:49,000円〜

憧れのビジネス街で、スタートアップの最高の環境を整えたサービスオフィス「BULEX LaBo赤坂」

ビュレックスラボ赤坂のラウンジ
ビュレックスラボ赤坂

赤坂には高層ビルが多く建ち並び、TBSや高級ホテル、大企業の本社が点在しています。このビュレックスラボ赤坂もそのひとつ、青山通りに面しており、存在感も抜群のハイグレードなビルにあります。

「永田町」駅からも近いのでメディアや広告関係だけではなく、士業の方々にもぴったりなサービスオフィスです。赤坂でまずビジネスをと考えるなら、上質な家具と会議室、そして受付も完備されたオフィスでスタートアップを考えてみてはいかがでしょうか。

賃料:70,000円~

お問い合わせはこちら

この記事を書いた人
戸部 知良
戸部 知良
フリーライター

1980年生まれ、フリーライター。経済、ビジネス、行政から生活情報までさまざまなジャンルで執筆を行う。インタビュー取材は年間50本以上、記事投稿数は年間200本以上。

妥協でない、
「サービスオフィス」だからこそ
選ぶべき価値がここにあります。
お問い合わせ CONTACT